黒船再来FX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒船再来FXとは

黒船再来投資法は、アメリカ独自の理論から生まれたPAチャートというものを使います。

PAチャートは主に*トレンドフォロー型のシステムチャート*として有効です。
トレンドフォローの利点はどんな相場でも価格に影響されず、利益を追求できる点です。

投資ジャンルでは、アメリカ イギリスが世界のトップで、日本は投資ジャンル弱者です。

黒船再来FX投資法」は、アメリカの投資ノウハウをいち早く輸入したので「黒船再来」のイメージです。


黒船再来FXを金利で換算すると…

「黒船再来FX」サイトで、約18万円で始めて90日で約36万円増やした!(利益が100%)とあります。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
■■関東財務局長 (金商) 第2086号■■【黒船再来】投資先進国アメリカの20万円を一億円に変える投資方法

例えば100万円投資をしていたら90日間で200万円…
1年だと年利400%と、すごい金利ですね

ファンドの金利でも、1年に10%~20%(配当が良いファンドでも年30%~40%)なのでやっぱり「黒船再来FX」はすごいですね

フィボナッチの法則(FIB)とは…

フィボナッチ数とは、イタリアの数学者レオナルド・フィボナッチに由来するそうです。

n 番目のフィボナッチ数を Fn で表わすと
F=0,F1=1
Fn+2=Fn+Fn+1
で定義します。

この数列はフィボナッチ数列と呼ばれ、最初の数項は
0, 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144, 233, 377, 610, 987, …
全項、その前の2つの項の和となってますね

フィボナッチ数は自然界の現象に多く、「植物の葉の付き方」「蜜蜂の家系」などが顕著な例です。

…と前おきはこのぐらいで、「黒船再来FX」における「フィボナッチ」は、世界のトップ為替ディーラーが必ず使っている「勝利の方程式」のようなものでしょうか!?

黒船再来FX」サイトで紹介している「PAチャート」はそのフィボナッチが一番使いやすいチャートでしょう。



為替で勝つ秘訣!

FXにおいて、テクニカル分析をしている人が多いと思いますが、 ほとんどの人はあまりにも重要な視点が抜け落ちているそうです

■■関東財務局長 (金商) 第2086号■■【黒船再来】投資先進国アメリカの20万円を一億円に変える投資方法」では、為替で勝つには…

・トレンド
・サポート/レジスタンス
・フィボナッチリトレースメント


この3つの分析重要だそうです。

FXは株と違い、自然界の法則に沿って動く生き物なので、先の「フィボナッチ」が重要になってくるのでしょう。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。